二十年を迎えた日本のノニジュース

記念すべき二十年を迎えた日本のノニジュース

ノニの国インドネシア原産のノニジュースを日本に紹介して、本年(令和2年)20年を迎えます。

その2年前、ODAの業務で出かけたインドネシアで紹介されたノニが、このように健康に関心を持たれる日本の方々に受け入れられるとは想像はしていませんでした。
多種類の健康関連食品やサプリメントの新製品が毎年誕生し販売される我が国の健康食品分野ですが、ノニはその独特の味、匂いにも拘わらず健康飲料の主要な地位を確立したといっても過言ではないでしょう。

ノニが評価される二つの要因

一つは、ノニジュースは比較的に速やかに効果が体感でき、便秘などは数日以内に改善します。
独特の匂いは数日の飲用で違和感が無くなり、副作用もないことから長期飲用ができ、様々な体調改善が得られることです。
ノニジュースを飲み続けられている方の多くは、風邪をひかなくなった、医者に行った覚えがないなど健康状態の維持、増進作用が確かなことです。
まさに「医者いらずの健康果実」です。二つ目には、日本人の天然植物に対する知識や理解の高さによるものです。漢方薬の教えから「良薬は口に苦し」を心得ているのです。
自然に対する畏敬の念、万物に霊魂が宿るという日本民族のDNAが天然物を受け入れさせる素地でもあるでしょう。

改めてノニとは

ノニはアカネ科のインドネシアを原産とする熱帯薬用果実です。
インドの桑の実、柑橘類の葉に似た植物から「Morinda citrifolia」の学名が与えられ、日本では沖縄のヤエヤマ諸島の青木村の地を由来として「ヤエヤマアオキ」と命名されています。
インドネシアを中心に広く南太平洋諸島、インド、アフリカ東岸に至る多くの地方にノニが拡散されています。


約2万年前、地球温暖化によりスンダ大陸が埋没して現在の地形のインドネシア諸島になりましたが、約6000年前に中国の南部地方からインドネシアへの住民の大移動が起こりました。南下する途中のメラネシアでノニを見つけ、インドネシア諸島へインドネシア諸島へ持ち込み、以後航海や移住に際して貴重な栄養果実としてミクロネシア、ポリネシア、更には沖縄にも伝搬させました。

インドの生命医学アユールベーダは、インドネシアではアユールベーダを基に独自の発展し伝承医薬品「ジャムゥ」が確立されています。
8000種類以上の天然の植物がリストアップされています。
ジャムゥの中でも、ノニは重要な地位を占めています。
ノニ果実は単独で、あるいは他の薬用植物と混合して用いられ、インドネシアのジャムゥ研究者や薬学研究者必携の薬用植物学書籍によると適応疾患は30種類を超えます。


基本的には、黄色く成熟した果実の新鮮ジュースを1日1個分、重篤な疾患には2個を用います。
ノニ果実1個は、概ね30~50mLのジュースに相当します。
成熟果実をそのまま齧って強壮にまた野菜類と一緒にサラダとして食べる習慣もあります。


著者はインドネシアで機会あるごとにノニ果実を齧って食べますが、独特の匂いと酸っぱさ、舌への刺激性にノニ果実の薬理効果を感じます。
そして有機食品に慣れたヨーロッパ人が有機天然果実に対して表現する「ビオBioの味を実感します。
ノニ果実は収穫後長期保存ができないため、残念ながら日本で生の果実を味合うこと困難です。

ノニ研究の開始と多くの発見

さて、ノニ果実に出会い直ちに長崎大学薬学部との共同研究を開始し、ノニ果実や葉の有効成分がクマリン誘導体のスコポレチンや利胆剤として医薬品「ヒメコール」成分であることを初めて発見しました。
匂いの本体は母乳にも含まれる炭素数6,8および10個の中鎖脂肪酸であることを定量的に分析し、速やかなエネルギーや熱産生を惹起することが推測されています。更に、様々な活性酸素種に対する抗酸化作用が強いことを確認し、特にスコポレチンはビタミンCの2倍以上の一重項酸素の消去作用を報告しました。
イリドイド誘導体もノニ果実ジュースの重要な機能性成分であることも確認され、薬力学的研究に発展しています。

インドネシア大学との共同研究ではノニ果実の抗菌作用突然変異抑制作用DNA傷害抑制作用が明らかにされ、肥満改善に効果が期待できる脂肪吸収抑制作用も確認できました。
ヒトでのノニジュース飲用効果として、DNAの酸化ストレスによって発生する8OHdGの減少が認められ、ノニジュースのがん発生の予防効果が示唆されます。


実際、がん患者がノニジュースを飲むことにより抗がん剤化学療法等の副作用軽減につながり、体力の改善・回復によって生きながらえている実例は少なくありません。

インドネシア産ノニジュースには寿命延長作用が

インドネシア産のノニジュースには、血液流動性改善効果(いわゆる血液さらさら効果)が認められています。
その効果は即効性かつ飲用継続によってどろどろ血液状態の改善が確認できました。
スコポレチンの血小板凝集抑制によることが推測され、東京医科歯科大学医用材料研究所での共同研究からノニジュースによる一酸化窒素産生作用による血管拡張作用が示唆されました。
これらの結果から、ヒトの本態性高血圧に対する作用が期待され、武庫川女子大学薬学部との10年にも及ぶ共同研究に繋がっています。
実験ではヒトと同じ機序で発症する遺伝性高血圧易脳卒中発症ラット(SHR-SPラット)を用い、収縮期および弛緩期血圧の明らかな低下脳卒中発症遅延寿命延長効果を報告しました。
その機序は、血管内皮細胞での一酸化窒素産生による血管の拡張作用によるものです。
この試験ではノニジュースのインスリン非依存性の血糖低下も観察され、新しい機序をもった抗糖尿病薬への開発が期待できます。

現在、寿命延長に伴うインドネシア産有機ノニジュースの抗痴呆作用の研究を行っており、高齢化社会の問題を解決できる健康食品として提案できるものと期待しています。

インドネシア産ノニジュースは関節リウマチに

日本においてノニジュースを飲用することによって、関節リウマチが改善したとの報告をいただきます。

関節リウマチは自己免疫疾患であり、日本では約0.4%の方が罹患し、女性の罹患率は男性より高いと言われています。
鎮痛剤や免疫抑制剤により症状は緩解しますが、これら医薬品による副作用により平均余命は10年以上短くなることが大きな問題です。

ヒトと同じ免疫機構で発症する関節リウマチ病態マウス(SKGマウス)を用いた研究を富山大学薬学部で行っています。
その結果、SKGマウスの手肢の関節の腫脹はインドネシア産有機ノニジュースで抑制され、関節の組織学的な観察で関節リウマチに特有な関節滑膜の増生、軟骨壊死、炎症細胞浸潤は抑制され、ノニジュースの関節リウマチ予防効果が確認できました。
副作用はありません。


このように、ノニジュースは副作用がなく長期間飲用しできる健康食品として注目を集めています。朝のこわばりを感じたら飲用を初めて欲しいと思います。

ノニはインドネシア産が最高品質

ノニ果実中の有用物質や抗酸化能は、各地域や製造方法によるノニジュースの品質評価に応用されています。

いくつかの比較分析試験の結果、日本で販売されるノニジュースの品質には、驚愕すべき大きな差があり、ノニの原産国インドネシア産のノニジュースが最も高品質であるとの結論に至っています。

ノニ果実の種類、気候風土、製造工程や商道徳上の要因によって、大きな差となって表れていると思われますが、消費者への情報提供の必要性を痛感します。

令和の時代のノニジュース

平成の時代に日本に紹介された熱帯用薬用果実のジュースは、新しい令和の時代に受け継がれました。
東京ノニ研究所は、現代医学や医薬品を決して否定しませんが、完璧な科学とは考えていません。しかし、摩訶不思議な熱帯薬用果実ノニは、健康維持健康増進未病対策、更には現代医学が治癒できない加齢に伴う様々な疾患に対しての治癒評価は、新時代に益々高まるものと確信します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください