2021年の初春をお慶び申し上げます

2021年丑年を迎えました。
東京ノニ研究所設立20年の記念すべき年です。


昨年2月より新型コロナウイルスの世界流行は、日本にも多大な恐怖をもたらせています。
今冬も収束しないでしょう。
しかしながら、この新型コロナウイルス流行はインドネシア6000年の熱帯薬用果実ノニの有用性を再認識させる機会ともなっています。

多くの日本の方がインドネシア産ノニジュースを、新型コロナウイルス感染予防に利用され始めました。
まさに「禍転じて福となす」の諺の如くです。

「医者いらずの熱帯薬用果実ノニ」6000年の経験と知恵がますます日本中に広がることは確実です。
毎日ノニジュースを飲用され、免疫強化、殺ウイルス効果を実感されるでしょう。
さらに、新型コロナウイルスのみなら多種類のウイルス疾患にノニジュースを飲用することにより、感染から免れる頑強な身体を獲得されるでしょう。

東京ノニ研究所発足20年の本年、インドネシア産ノニジュースの再興の年にいたします。

皆様のご健勝とご多幸、新型コロナウイルスを克服されることを祈念申し上げます。
今後とも東京ノニ研究所のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

令和三年元旦
東京ノニ研究所
代表 西垣敏明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください