ノニジュースにモノアミン酸化酵素は含まれるか?

モノアミン酸化酵素

ある方から「モノアミン酸化酵素は、ノニジュースの中に含まれるか?」との問い合わせをいただきました。
というのも、パーキンソン氏病でその治療薬を服用しているため、ノニジュースで薬の効果が減弱することを懸念しているためでした。

モノアミン酸化酵素とは、セロトニンノルアドレナリンアドレナリンヒスタミンドーパミンなどを分解する酵素です。

パーキンソン氏病の場合、セロトニンノルアドレナリンアドレナリンなどの脳内濃度が低下しているため、独特の症状が出現します。
パーキンソン氏病の治療薬は、モノアミン酸化酵素阻害剤といわれるもので、セロトニンノルアドレナリン、アドレナリンの分解を抑制して、効果を発揮させるものです。

ノニジュースのモノアミン酸化酵素

生のノニ果実にモノアミン酸化酵素が含まれているかは不明ですが、おそらく植物には不要の酵素と思います。
酵素はタンパク質です。
ノニジュースだけでなくすべての果汁飲料は食品衛生のために、60度以上の加熱処理がなされます。
この加熱によって、通常のタンパク質(酵素)は変性して酵素作用はなくなってしまいます。

さらに、タンパク質(酵素)は消化管内で消化されてアミノ酸になり、吸収されますので、酵素のタンパク質が脳内に到達することはあり得ません。

酵素食品のうそ

世の中には「酵素」と謡った健康食品が多々見られます。
植物には、確かに酵素は含まれますが、その酵素が働くのは糖類、タンパク質、脂肪を分解する消化酵素だけであり、消化管内で働きます。
食品中の酵素が、血液の中に入って細胞にたどり着き、酵素反応を起こすことは決してありません。

酵素食品のフェイクには騙されないようにしましょう。

参考:酵素健康食品は本当に酵素含有食品か?
https://tkyn.mixh.jp/old/enzymefood.htm

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA