ノー(NO)と言ってはイケナイ、ノニ果実

ノニ通信大28―6号の巻頭言を投稿いただいた、東京医科歯科大学東洋名誉教授の下でインドネシアのノニジュースの血管弛緩作用と一酸化窒素(NO)の研究を行ったのは、15~6年前になります。

世界最先端の研究であり、繊細な実験でした。

前にもお知らせしましたが、ノニジュースは血管壁の一酸化窒素(NO)を増やすのです。
血管拡張による狭心症や心筋梗塞、脳血流改善、細菌感染症による抗炎症作用などに関与します。
しかし、最も有名なのが男性の勃起不全(ED)に使用されるバイアグラでしょう。
多くの方が、ノニジュースで実感されています。
NOを作る元の物質はアルギニンというアミノ酸であり、アルギニンを大量に含んだサプリは販売されています。
ノニジュースにアルギニンを加えた飲料を開発したこともあります。
改めて、再開発と販売を考えるべきだと考えています。


更に最近NO水溶液を水と空気から高温で製造する方法にも関与し、NOの健康・美容分野、農水産業への応用を考えてもいます。
NOはノーでなく、イエスといえる生体内重要物質です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA