水虫・グリーンネイルにノニジュース

ノニ濃縮液が、水虫に効果があり汚く着色した足の爪が完全に元通りになった、という報告がありました(長野県、女性)。
水虫は指の間だけでなく、爪も侵されて爪水虫と言います。
爪水虫は白癬菌というカビが爪の中に感染して起こる病気です。
足や手が清潔に保たれておらず、足にできた水虫を放置した場合、白癬菌が爪と皮膚の間から入り込み、爪の中に住み着いてしまいます。
一度爪水虫になってしまうと治療を施さない限り治ることはありません。

一方、グリーンネイルは、爪が緑色に変色してしまいます。
ジェルネイルなどのネイルアートをしている人に多くみられる症状と言われています。
その原因が緑膿菌。水回りに常在するこの菌が爪とネイルの隙間に入り込んで増殖し、爪を緑色に変色させてしまいます。
普段は緑膿菌が肌に付着しても何の問題もありません。
しかし爪とネイルの間に隙間ができて水分がたまってしまうと、「光が全く当たらない暗い場所」と、「人の体温による温かい環境」があいまって、緑膿菌を繁殖させてしまうのです。
爪水虫や爪カンジダなどの他の病気で爪が弱っている所に緑膿菌が感染していることもあります。

報告者は、長年の間に爪水虫からグリーンネイルになってしまったのでしょう。
手の爪の場合は気になるでしょうが、足の爪の場合は靴や靴下によって隠されるため、以外と放置されるのではないでしょうか?
爪水虫もグリーンネイルも一度かかってしまうと治療や対処を必要とします。

ノニジュースをお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA