ノニで黒髪を:黒髪は美の象徴

黒髪は美の象徴

インドネシアのご婦人のみならず男性とも、白髪や薄毛・脱毛は美に対する敵と考えています。
光沢があり、豊かで黒々とした髪はご婦人方の美のシンボルで、如何にこのような黒髪を維持するかは永遠の目標であるかのようです。

スラウェシ島(以前のセレベス島)の北東に位置し、ノニの故郷モルツカ諸島に近いメナド市は、インドネシア一番の美人が多いことで知られています。
ここメナドで少女期を過ごし、ご主人が在日インドネシア大使館勤務であったため、親日家でもあるルシアニさんは、祖母から黒髪の大切さと維持療法の手ほどきを受けていました。
ノニ果実を使用する黒髪療法です。

インドネシアでも20世紀の終わり頃から、ノニ果実の見直しが起こり首都ジャカルタではノニジュースの製造が始まりました。
これを知ったルシアニさんは、50歳を過ぎた自分達の髪をいつまでも若く、また男女の薄毛対策としてノニ果実を用いた髪専用のセンター(QIARA)をジャカルタやバンドン市など主要都市に開店し、フランチャイズによって国内に200店近くに広がっています。

ノニ入りシャンプーで洗髪後、祖母伝来でルシアニさんの極秘処方(詳細は教えてくれません)の泥状クリームで毛髪一本、一本の根部を丁寧に塗布・処置してゆきます。
週2回のノニ入りクリーム処置を基本とし、男女の白髪を黒髪に、抜け毛や薄毛に対して増毛の効果が認められています。
1回約1,000円とインドネシアでは高いようですが、若いサラリーマンからご婦人まで、大盛況です。

インドネシアに滞在する日本人ご婦人も利用されています。

QIARAは、育毛・増毛に特化した美容化粧品を製造販売しています。
1回の処置に20分ほどかかり、1週間に1回、3~4か月で効果が確認できると言われています。
因みに、増毛化粧品を購入して日本で何人かに試していただきました。

しかし、残念ながら匂いと効果発現までに時間がかかるということで、否定的なご意見を頂いてしまいました。
日本人の性癖でしょうか、すぐに効果を実感したいのです。
髪のライフサイクルや白髪や髪が薄くなるまでに要した年月を考えると、即座に髪が生えたり、白髪が黒髪に代わることは絶対にあり得ません。

健康寿命の延伸、健康長寿の延長と同じく、髪の手入れも同じく毎日の手当てを継続することが必要なのです。
焦らず、気長になる気持ちが、最高の効果になる秘訣だと思います。

2000年11月ジャカルタにて、ノニを売るジャムゥゲドン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA