ノニで脱毛の予防・改善を

悩みの脱毛
熱帯薬用植物ノニで予防と改善を

頭髪と脱毛
頭髪は通常10万本あると云われています。
その頭髪は皮膚の表皮組織と同じであることは、解剖学的、組織学的に明らかです。
頭髪ができる組織は、表皮組織が深く陥入した皮膚の真皮に存在しています。
真皮の血管から栄養を供給された毛乳頭の表面にある毛の基を作る毛母細胞が、増殖して毛を作るのです。
毛母細胞の間には髪の黒い色、メラニン色素を産生するメラニン細胞があり、この色素が髪に移行します。

髪の成長から脱毛には、大きく成長期、退行期そして休止期の3段階に区別されます。
10万本の毛のうち約80%は成長期、1%が退行期、10%は休止期の状態であると言われています。
休止期の間に髪は抜け落ちてしまうのです。そして、休止期から成長期に戻り発毛するのです。

正常の状態ではこの3段階が円滑に回転して発毛し、美しく、ふさふさとした髪が顔の重要かつ美の大きな要素となっているのです。

髪が薄くなった、細くなった、毛が沢山抜ける、剥げてしまった、などはこの毛の成長・脱毛サイクルの異常によるもので、成長期が短くなり退行期・休止期が長くなっています。

脱毛の原因として、多くの要因があげられます。男性ホルモンの過剰、老化、栄養不良、ダイエット、ストレス、疲労、毛穴の詰り・汚れなどです。
そして、決しておろそかにしてはいけないのが化学合成物質たっぷりのシャンプー、石鹸、染料、頭髪用化粧品の影響です。
これら化学物質の皮膚に対する急性毒性傷害は少ないものですが、長期間使用した時の皮膚や毛髪に対する影響は誰も知りません。

皮膚が黒いアフリカ人は直射日光を浴びても、皮膚がんは起きません。
アメリカに住むアフリカ系黒人は、最も日光にあたらずに生活していますが、皮膚がんの発生率は最も高いのです。
皮膚につける化粧品の所為だと断定できます。

ノニと育毛
脱毛の原因は上に述べたように様々な要因が考えられます。
しかし、脱毛の要因がどれであれ、唯一、最大の原因は毛を作る毛母細胞にあるといえます。
毛母細胞なくして毛はできませんし、毛母細胞の機能低下は確実に脱毛になってしまいます。

私たちが行ったノニの栄養・機能成分の分析、そして薬理試験は、何故ノニが育毛に効果的なのかにヒントを与えてくれます。

まず第一に、南国の強烈な紫外線を浴び、一年中結実するノニ果実には豊富なビタミン、ミネラルが含まれていることです。
毛母細胞を活性化するでしょう。
南国では、飢餓時の代用食品と使われている程、高栄養の果実で細胞を活性化し、代謝を高める栄養素を持っています。
また、特殊な多糖類ペクチンに富み、水を抱え込むことによって保湿効果があると考えられます。

次に、ノニ果実に含まれるシトステロール
これは女性ホルモンの原料となるものです。
閉経期になりますと女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが有意となってきます。
男性ホルモンは毛母細胞内で代謝を受けて発毛を抑制する物質を作り、壮年期の男性の脱毛の主因といわれてます。
シトステロール物質は、低分子の物質ですから毛母細胞に容易に取りこまれると考えられます。

そして、第3にノニ果実に特異的に多く含まれるスコポレチンという物質です。
本物質はクマリン系化合物で、血管の疾患のあるほとんどの方が処方されているワーファリンという物質の仲間です。
スコポレチンは、長崎大学薬学部との共同研究で見いだされ、「血液サラサラ」効果、血管拡張作用や血流を悪くする血小板の凝集を抑える効果を確認しています。
また、スコポレチンはうつ病を改善するセロトニンの産生を促し、うつ病に効果があります。
ストレス状態では、自律神経のなかの交感神経が緊張していますが、スコポレチンは副交感神経を刺激し、ストレス状態から解放してくれます。
また、ビタミンCの3倍もの一重項酸素を取り除く強烈な、抗酸化作用も報告しました。

皮膚からのスコポレチンの吸収は速やかだろうと推測されます。
それはノニジュースは皮膚のあらゆる症状・病気を速やかに治してくれるからです。
真皮に吸収されたスコポレチンは、毛母細胞に栄養を与える血管の血液の流れを改善し栄養供給を促すでしょう。
毛母細胞への栄養物質供給と老廃物の除去は、発毛環境を最適なものにすると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA