ノニジュースは犬の健康食品


ノニジュースは犬の健康食品
コ-ギー種の一例


霧島市の上木様の愛犬、ハッピーは12歳の雄のウェルシェ・コーギ―・ペンブローク。
コーギー犬はイギリスのウェールズで牧畜犬として活躍していたもので、イギリス王室で古くから飼われているものです。
胴長、短足、骨太、筋肉質で体力に富み、好奇心旺盛で運動が大好き。
ただし、体重が増えると腰椎に負担がかかり、フローリングの床はコーギー犬にとって他の短足種と同様に好ましくないようです。

昨年10月に両後肢の麻痺により獣医似て診てもらうが、腰椎の支配する運動神経の障害によるもので、処置できないと診断された。
運動できないためハッピーは食慾減退、衰弱したために、体力回復を目標にノニジュースを試したところ、元気に美味しそうに飲むことが判明。
続けて飲ませたところ、高氏の動きがままならないにも拘わらず、毎日の散歩ができるように。
見たところ、右後肢の麻痺が強く、左脚は時折踏ん張って立てるようになっていた。


ぶどう、りんご、ブルーベリー入りの美味しいノニジュースだけを好きなのかどうか、ノニジュース3倍濃縮液を与えたところ、この液も抵抗なく飲んでしまいました。
腰椎の神経損傷をノニジュースが完全に治癒させる可能性は少ないと思われます。
しかしながら、運動活発、後肢を引きずりながらでも散歩に行ける元気さが出ていることは、犬にとってはQOLの向上になります。
飼い主の方の精神的な苦痛を若干でも和らげてくれるものと思います。

後肢の失調が筋肉の挫滅や寛骨関節の痛みによるものだとしたら、ノニジュースは歩行可能にするかもしれません。

 


コーギー犬、ハッピーはノニジュースが大好物

3倍濃縮ノニジュースも平気


ノニジュースを飲み終えて満足風


関係者も一安心

 


ペットは今では日本人にとっては、家族の一員同様です。
ノニジュースが犬や猫の健康食品として多くの方に使用されています。
そして、重病あるいは死期に近い状態の時にノニジュースを飲ませ、奇跡的な回復を経験されている方も多数おられます。

人間に良いものは、哺乳動物である犬、猫、牛、豚、馬などにとっても悪かろうはずはありません。
インドネシアでは、ノニ果実は牛、鹿、鶏の栄養源です。

ペットもノニジュースで健康寿命をかなえてあげたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA