日本分析化学会でスコポレチンに関して発表

本年の日本分析化学会総会で、ノニジュースの研究から始まったスコポレチンに関する口頭による研究発表を行います。
ご存知の通り、ノニジュースの有効成分スコポレチンは、東京ノニ研究所と長崎大学薬学部(前中島憲一郎教授、現長崎国際大学学長)のグループによって、初めて定量分析方法が確立されたものです。
それ以後、ノニジュースの品質の解析に頻繁に用いられ、その研究成果からノニの国インドネシア産ノニジュースに最も多くのスコポレチンが含有されていることが確認されました。
最も売れているノニジュースには、インドンシア産ノニジュースに比べてわずか20%しか含まれていないことに対して、大きな反響がありました。
ノニジュースには産地・製品によって品詞に大きな差がることが明確になったのです。

今回の研究報告は、この分析方法を用いてインドネシアのキャッサバなどの根茎食品に含まれるスコポレチンを測定し、熱帯食品の有用性を示したものです。

様々な食品の品質管理に応用が可能です。

日時:2017年9月9日~12日
場所:東京理科大学葛飾キャンパス
東京都葛飾区新宿6-3-11
発表者:Dr. Hendra Wijaya, Center for Agro-Based Industry
(CABI)
発表日:9月12日午前10時30分
発表演題・抄録:

Determination of scopoletin in tubers using HPLC with fluorescence detection

Wijaya Hendra1, Wardayanie Ning Ima Arie1, Aviana Tita1, Nishigaki Toshiaki2, Nakamura Shinichi3,
Nakashima Kenichiro4, Wada Mitsuhiro3
1Center For Agro-Based Industry,
2Tokyo Noni Research Center,
3Kyushu University of Health and Welfare,
4Nagasaki International University

Scopoletin is a coumarin compound contained in food products and has been scientifically proven to be beneficial to health.
In this study, a high-performance liquid chromatography with fluorescence detection for the determination of scopoletin in tubers was developed.
Chromatographic separation of scopoletin was achieved on an SP-120-5-ODS-BP column(250×4.6 mm i.d.; 5 μm) with 50 mM phosphate buffer (pH 5.0)-CH3OH (74:26, v/v) solution as an isocratic mobile phase at a flow rate of 1.0 mL/min.
The scopoletin was monitored at excitation and emission wavelengths of 360 and 450 nm, respectively.
Validation parameters were selectivity, linearity, accuracy, precision, limits of detection (LOD) and quantification (LOQ). The scopoletin was selectively detected with retention time of 29 min. The calibration curve in the concentration range of 0.052 to 1.664 mg/L showed good linearity with 0.996 of correlation coefficient. Intra-day assay precision indicated as a relative standard deviation was 2.7% (n=9).
Moreover, accuracy values of the method were ranging from 89% to 118%.
The LOD and LOQ were 0.009 mg/L and 0.032 mg/L, respectively.
Scopoletin was found on the skin and flesh of cassava and sweet potato with the concentration range of 3.86 mg/kg to 112 mg/kg.
Scopoletin was not found in taro, arrowroot, and konjac.
This method can be used for routine analysis in the laboratory.

Prof. Dr. Wada (right) and Dr. Hendra

Nagasaki Meeting at Nagasaki International University
on August 28, 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA